勝ち色メソッドを使って自己ベストも更新!JO標準タイムもクリア!

しっかりとした練習できなかったけど、自己更新でき、しかもJO(ジュニアオリンピック)標準記録を余裕を持って突破したというそんなびっくりする報告がありました。それがなんと年明けのすぐのレースで出た記録だそうです。年末年始は休みに入り思うような練習ができない人もいると思います。もちろん、年末年始休み関係なく練習をするチームもあると思います。それは各チームの方針や事情もあり、それをどうこうするというのはちょっと大変ですよね?

でも、自分をベストのコンディションを作る、自分自身で練習やできることはやるというのは少しできそうですよね。まさしく今回はそんな事例です。

そんな事例を報告してくださったのは、勝ち色指導員の松澤順平さんです。

自己ベストも更新!JO標準タイムもクリア!



先月初めに、吉田さんから勝ち色体験をを受けた小学6年 男子選手。
先日、新年フェスティバルにて勝ち色を発揮してきました。

彼の勝ち色は
1col⇒赤
2col⇒黒

これまでの使用していたゴーグルのカラーは黒だったのですが、今回は1colの赤でレースに挑みました。
出場種目は100mバタフライ。この種目の彼のこれまでの自己ベスト は1分3秒68でした。
そして、彼が目標にしているJO制限タイムが1分3秒21です。

結果はというと、1分2秒61。

ベストを1秒更新、JOの標準記録を0.5秒余裕をもって突破することが出来ました。
今回のレースで、彼は自分の可能性と、勝ち色の可能性を大いに感じてくれたと思います。

レース前なのに練習がうまくできない



実は当クラブは12月27日~1月3日まで練習休みとなっており、この期間は各自、空いてるプールを探して、コーチの指導がないところで自主練習という形になっています。そんな中、1月4日大会前日に一度だけ練習をし、1月5日6日大会に臨むというちょっと大変なスケジュールでした。

攻めて泳いでも、後半が楽!



年末年始の泳ぎ込み、大会に向けての練習もほぼない状態にも関わらず、1秒のベスト更新したのは、勝ち色の効果が顕著に出たのではないかなと思っております。

本人いわく、「前半から攻めて泳いだが、後半も楽に泳ぐことが出来た」という事です。

後半楽に泳げたということですが、タイムとしては後半3秒落ちですので、練習にて勝ち色メソッドをしっかりと取り入れていき、感覚の感度を上げて、後半も力を発揮出来るようにすることという課題も見えました。

勝ち色に出会えたこと、選手を更なる高みに経験出来ていること、感謝しています。他の出場選手も勝ち色にてベスト更新していっております。こちらはまた別の機会に事例として報告させて頂きます。

限られた中でベストの自分でレースに臨む



やっぱりレース本番前はしっかりと練習して、ベストの状態に調整しておかないと不安っていう方もいるのではなでしょうか?練習は嘘つかないって言ったりしますしね。練習場所が使えないとか、家庭の事情とか、さまざまな理由で思うような練習ができなかったり、全くできないことだってあったりします。でも、レースではやっぱり自信をもって、全力を尽くしてベストのパフォフォーマンスでいい結果は出したいものですよね。

限られた中での結果を出すための練習したい!自信を持ってレースに臨むための練習をしたい!そんなときに勝ち色メソッド、勝ち色ゴーグルをうまく使っていくことで、自己ベストもしっかりと狙えます。だからって、練習なしで本番のときだけ勝ち色ゴーグルを使ってもいい結果は出せませんよ。勝ち色メソッド、勝ち色ゴーグルはしっかりとした練習に中にその選手の状態に合わせた形で取り入れていくことが大事なんです。

自分に合う勝ち色を見つけても、何だかうまく結果が出ないとか、調子が上がらないって方は、使い方が合っていないかもしれません。そんなときはお近くの勝ち色指導員に相談してみてください。必ずあなたに合った勝ち色ゴーグルの使い方、勝ち色メソッドの使い方を教えてくれますよ^^

関連記事

  1. 自由形
  2. お風呂,バスタイム,勝ち色

カテゴリー

2019年11月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
PAGE TOP