行動や姿勢が変わった!自分はまだまだやれる!

名古屋のほうで
自身もマスターズで出場して活躍されている
平井太郎さんから嬉しい報告がありました!

結果が出るなどの事例は多くありましたが、
今回は指導されている選手の練習やトレーニングに臨む姿勢や
レースに臨む行動が変わったというとても嬉しい報告です。

 

勝ち色体験後に行動に変化が


昨年夏の全国JOCで3位で、年齢区分が上がり、
全国JOCの標準記録まで100mであと1秒ちょっと少し。

例年標準記録突破が1月のギリギリになるので、
11月までに切りたいと言って、
勝ち色を体験した小6男の子の行動が変化しました。

 

体感力は高いのにゴーグルが、、、


体験当時の変化では
もともと感覚が鋭い方で感覚の良い子だったので、
合わない色は呼吸がしんどく、泳いでいて息が入ってこないと表現していました。

また、腕が上がってこずに戻しにくい。
キックは中殿筋が動かないと言ってました。

逆に合う色は力を抜いても楽に水中ストロークができると言ってました。

 

やることが決まる!


そんな彼の勝ち色の結果は

1col 橙
2col 黄
3col 赤
4col 緑
5col 桃
6col 水
7col 灰
8col 黒
9col 青
10col 藍
11col 茶
12col 紫
13col 白

好きな色は青で9col、レースではなんと13colの白色をつけていました。
これまでいろんな成績を収めいるので、これはまだまだの伸びしろがあり、
無限の可能性があるなと感じました。

体験後には彼自身の感想でも
・柔軟性があれほど変わリ驚いた
・意識して泳ぐだけでトレーニングできることは凄いことだと思った
・もっともっと伸びしろがあると思った
・これからの自分がどんどん楽しくなっていくと思う
・ゴーグルをうまく使うと大きな泳ぎができることが実感できてよかった。
 身につけられればタイムは上がると思うからもっと練習を頑張りたい!

いろんな自分の可能性とそのためにしなければないことが
明確になったようでした。

 

体験後から試合までの約1週間で、
2colで練習タイムを50mアベレージ1秒上げたそうです。

かなり追い込めている感じでした。

レース当日も直前のアップの感じから
1レースは元のゴーグル(9col)で挑戦することにしたそうで、
9colでの結果は200個人メドレーでベスト+1秒5でした。

レース後には、
9colは身体も沈み、呼吸も苦しかった
コメントくれました。

レースではうまく結果を出せなかったこともありますが、
本人もご家族も普段の練習に向かう姿勢の変化より
結果を前向きに受け止めていました。

次に向けて、2colから色を少し落として負荷をかけてみたいと言っていました。

試合前は、まだ複数の色をうまく使い分けているわけではないですが、
自分の身体と対話しながら、トレーニングやレースに向かう姿勢は感動しました。

自ら成長していける姿勢


自分で気付き、自己挑戦が始まり、自己解決が促進されていく。
僕が子育てで欲しいプロセスでした。

本人も異なる色を使い始め、身体の反応からトレーニングのヒントを得ることに
とても楽しんでいるようです。

一番合う色を探す(100%を引き出す)だけなら誰でもできるけれど、
色の違いに気付き、できることを増やしていく(100を120%に上げていく)ことが
一番重要と伝わったと思います。

関連記事

  1. 勝ち色
  2. 自由形
PAGE TOP